アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
カタツムリ08
ブログ紹介
カタツムリのようにノッソリ更新しているブログです。

たまーに思ったことを書きます。
zoom RSS

ありがとうございました。

2011/03/01 22:27
切ない時期がやってきました。

今日が最後の授業だーってのが続きます。

「泣くの早いっつーの!」ってわたしに突っ込みつつ、泣きながら「ありがとうございました」と言った彼女の顔が焼き付いて、忘れられない。

きっと、ずーっと忘れられないなぁ。


やりたい放題で、苦労させられたけどかわいくてかわいくて仕方がない。
大好きなんだなぁ。



「ちゃんと約束守って最後まで授業出れたね」


何気なく声をかけたのはわたしの方なのに、泣けて最後までちゃんと伝えられなかった。
いつのまにこんな泣き虫になってんだ??

だらしないわたしを「先生」にしてくれのは、間違いなくあの子たち。

笑顔で送り出さなきゃ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


じゃあね、おやすみなさい☆

2010/11/18 20:14
調子悪くて欠席した子に電話。

いつも「俺の話聞いて」ばっかだし、構って構ってとやんちゃだけど、居なきゃ居ないでやっぱり淋しいな。



調子どうよ?


いっぱい寝たからもう平気。


ちゃんとごはん食べて寝りーそしたら明日元気に来れるさ。
まぁうるさいのがいなくて静かだったけど(笑)。


ひでー。俺、絶対明日行くし!!


そんだけ元気なら来れるな☆待ってるから元気においで!


うん、じゃ今からまた寝る!宿題はやらない!てかかばん学校だ!
じゃあね、おやすみなさい☆明日ね(^-^)/



と。夕方4時の電話。何時間寝るだよ。


毎日何かしら叱ってるけど(笑)、かわいくてしかたない。



この子たちの担任で居られるのもあと4ヶ月ちょっと。
どんなことでもやってやりたいと思ってしまう、このドM精神(笑)。


がんばれ、わたし!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


飛び乗る13歳

2010/11/01 22:07
朝練が終わって、すぐに打ち合わせ、その後STに教室へ行く。

とりあえずこれが一日のはじまり。


そして教室へ行くまでの廊下で毎日チビッコが飛び乗ってくる。もうあまりチビッコじゃない。腰にくる。まぁかわいくてしかたないんだけど、腰が痛くてしかたない。

「お荷物、お持ちします!」が流行っていてとてもラクっちゃラクなんだけど(笑)。

休みがなくてうんざりしたりしてるけど、でも結局やらざるを得ないことなら、
楽しんでやった方がいいじゃん。

とか思っているとまたいろんなことに手間をかけて自分の首をしめていたり。


もうしょうがないね、自分。


手を抜いたら後悔するって自分でわかっているから妥協できない。しない。

がんばる。自分は自分の生き方で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生き物室

2010/10/17 23:02
教室に植物や動物が増えてきました。


イモリ

ウーパールーパー

メダカ

マメフグ

カメ(行方不明)



子どもたちが世話をしてくれるから全く手はかからないんだけど。


これで命の大切さを…!なんて話はしません。

ただ飼いたかったから。


そしてこの生き物たちを見ている彼らの顔を見ているとやっぱり教室に置きたくなっちゃうんだよね。

すげーうれしそうなんだもん。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋か。

2010/10/12 23:16
くそあちぃ…と毎日うだっていたと思っていたらあっという間に秋じゃん。

更新しなさすぎて、このブログの存在すら忘れかけていたけど、やっぱり残したいこともあるので、たまには書こう。


書けないことの方が多いんだけどね。それでも残せるものは残したい。


ということで、いつまで続くかわからんけど、書きます。


今日は気分がめちゃほっこり。

子どものあったかさにすごく癒されてることに気付くとやっぱりこの仕事を辞めるわけにはいかないなぁとしみじみ思ってしまう。

わたしなんかよりもずっと強く、ずっとずっと優しい彼女らに助けてもらっているのはこっちの方だ。

卒業まであと半年。この半年でどれだけのことが伝えられるだろう。伝えたいことも、彼女らをみて感じたいこともまだまだたくさん。できるだけ多くの時間を過ごしたいなあ。


なんて思って休み時間に子どもたちと戯れていると、毎日足が象のように浮腫むぜ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バカか。

2010/06/25 00:38
ここ最近はいつも以上に落ち着かない日々を過ごしています。おかげで仕事もできないし、やっとできると思うともう眠い…で、妙な時間に目が覚めたり。

立て続けに事件が起こっていて、自分でも意識しないうちに事件の大小をつけていた。

その子にとっては、すごく大きな事だったんだろうなと思って反省中。

なんてベテランの先生に話をきいてもらっていたら「でも実際にはその場ですっきり解決できることなんてほとんどないもんなぁ!人間、しかも中一の感情がぶつかるんだから、そう簡単にはい、仲直り。なんて無理無理。今日起こったことが長引かないように、明日からちゃんと見ててやればいいんだって。要はいつも通りのあなたでいいんだ。だって先生のクラス、みんな楽しそうに平和に過ごしてるじゃん。」と励ましてくれた。普段そんなにその人と言葉を交わすことがないから、なんだか無性に嬉しかったです。

あぁ、見ていてくれてたんだなぁーと。弱っていたのもあって、泣きそうになった(笑)。

部活の方もそろそろ大会前でピリピリ。なんでこの時期に…って思う事ばかり。頑張りたいって思っている子が頑張れる環境を作りたいけど、元々は全員が頑張るって決意して入部したはず。それがしんどいしんどいって頑張れなくなるモチベーションになったのは、フォローが足りなかったんだよなぁ。毎日こんな反省ばかり。人間相手、毎日何か起こる。その忙しさに過負けて生徒のことを前ほど見れていない気がする。今、こうやって文字にすると、自分の反省すべき点が浮き彫りになってくる。

教室でも部活でも、やっぱり一人一人をよく見ていきたい。そのためにはまず、自分自身がもっと余裕を持っていなきゃいけない。

なんだこれ、暗っ。別に元気ない訳ではないんです。
自分の至らなさに腹が立つけど、これも経験。毎日が経験。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まっしろ

2010/06/05 23:06
新年度が始まってもう二ヶ月。あっという間に時間が過ぎてしまいました。

毎日家に着くのは日付が変わる頃。そろそろ病んでいます(笑)。何をするにも時間がかかり、優先順位をつけて仕事をしないと…と思っているのに中々できず、結局自分の首を絞めることに…。

でも優先順位とか言ってても結局やらなきゃいけないことはどんどん溜まっていくし、自分の要領の悪さにいらつく。というか疲れが取れん。でも仕事するってこういうものなのかなと思ってみたり。とりあえずいっぱいいっぱい。でも子どもたちにそんなところ見せられないしね。担任を持つことがいかに責任の重いことなのか、身にしみています。

でも本当に大きい経験をさせてもらってるなぁと改めて思う。家庭訪問だって個人懇談だって緊張するし、しんどいけど子どもたちの違う顔も見ることができて、すごくいい時間。

彼等が入学して2ヶ月。そろそろ自分のクラスの色がでてきた感じ。まっしろな彼等が色んな色に染まって行くのがたのしみだなぁ。「うちのクラス、給食と掃除だけはやたら厳しい!」と毎日わめく彼らも、もうそれが当たり前になって、わたしがちょっと静かだと「センセー、調子悪いの?」と言ってくるようになった。こんな彼らの担任になれて、すごく幸せだ、きっと。

日々の忙しさに追われてこういうことが感じられなくなるのだけは嫌だなぁ。

部活ももう追い込み。夏まではシャカリキがんばろう。2年半毎日練習してきた成果を舞台の上で出しきりさせたい。そのためにはこれからさらに厳しくやってかなきゃなぁ…この仕事についてやっと「指導、注意することの大変さ」を感じた。しんどいけど、あの子たちが必死になって練習する姿、奏でている音を見て、聴くのが好きなんだなぁ。。

いかん、眠。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


前に進むしかない!

2010/03/27 22:33
卒業式も終わり、色々片付けたりしているとなんだか切ない今日この頃。

この仕事について初めて担当した生徒たちが卒業していきました。卒業式ってこんなにも切ないものだった?と思うくらい泣けて、目が(3_3)に。

「お皿片付けジャンケンしよ!」とか「そっちのがおかず多くてズルい!」とか、そんなやりとりがないと切なくて。とか思ってたけど、在校生はいるしね。日々は過ぎる。でもやっぱり大好きだったなぁー。彼らから学ぶことはとても多く、こっちが感謝をしています。ありがとう。やんちゃだったけど、かわいくて仕方なかったです。

あっという間に修了式も。1年生の時、わたしの肩くらいしかなかった子が上から見下ろしてくるようになり、4月には3年生。

この年になると3年間なんて特に変化もないけど、彼らの3年間って本当に大きいものだなぁとしみじみ。

そんな時期に関わることができて、幸せだ、と思う反面、自分の一言で揺れ動く彼らを見ているとすごく責任重く感じる。

なんて言っているけど、現実には生徒と変わらずうるさく過ごして毎日過ぎますが。

「一緒にいただきますしよー!」って職員室まで迎えにきてくれたり、廊下で全力で飛び乗ってきたりと、超子どもだけど、やっぱり超かわいい。

ガツンと注意して泣くところも、めんどくさいけど、そこがいい。

大きくなったなぁー。卒業まであと一年。
あっという間だろうな。

彼らのこれからがたのしみすぎる♪

わたしもがんばろ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分も負けてられん…

2010/02/14 18:04
携帯の調子が悪く、iphoneに変えました。

iphoneにしたのはものすごく衝動的だったけど…。これが良い選択だったのかはわかりませんが、とりあえず、ほかの携帯、全部高いんだもの。

まぁ使えりゃいっか、、と思ったけど、慣れるまではしんどいな〜

メールは慣れてきたけど、未だに自分の意志とは裏腹に電話をかけてしまい、一方的に切ってしまう。
ご迷惑おかけしている人たち、すいません。

だって、気付いたら電話かかってるんだもん。切り方もいまいちわからんかったし…言い訳だけども。



しばらくは私からふと不在着信があったら間違いだ、と思ってください。基本、メールしていますので。


ただ、ここ何日かはiphoneユーザーの生徒が色んなことを教えてくれるので助かっています。


未だにパソコンとは一度もつないでないので、全然使いこなしてないんだけどね。パソコンを開く時間がなかなかない。。iphoneに慣れようと、ちょっと空いた時間に地味にこのブログを書いています。



っていうかもう二月も半ばなんですねぇ。卒業式に向けてなんだかバタバタしています。
スライドショーの準備、曲の練習、ビデオレター…休みがない!効率よく効率よく…ってやっているつもりだけど、次から次へとやることがでてくる。

そして、卒業まであと○日というカウントダウンが日に日に切なくなってきています。
ちょっとしたことで泣きそうになったりね。年か。


給食中の「俺、高校でレギュラーとるから絶対試合見に来いよ!」って一方的な約束もついのっちゃったり。10歳若かったら絶対ときめくわ〜。


卒業もあるけど、1・2年生も大きくなっています。やっぱり身長抜かれる!

というか、成長してる。


あんまり自己主張しなかった子が「係に立候補するから、部活になかなか来れないかもしれない」って相談に来た時、「なんで立候補するの?」って聞いたら

「先輩たちがいろいろやってくれてすごいたのしくて、来年入ってくる新一年生にもそう思ってもらえるような環境にしたいから、自分にできることやりたいの!!」


って。思わず、「よーし、しっかりやっといで!」って送り出しちゃった。
部活でも結構大事なポジションなんだけど…まぁ学校の係をやりたいと思うことは大事だしな…と納得(笑)。


そんな彼らの成長を感じられる場面がちょくちょくあってとてもうれしく思います。すぐ泣きそうになる、この涙腺。


弱ってるなぁ。


自分の気の持ち様なんだけど、やたらヘニョーってなってる気がする。
仕事が増えるのはありがたいけど、自分のキャパを超える気がして不安でしょうがない。


こんな精神状態だからか、子どもたちの笑顔にやたら癒されます。

がんばれ、わたし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年ありがとう

2009/12/31 20:09
なかなかブログを書く時間もとれないくらい、バタバタとしていた一年でした。

働き出して二年目、今年度は部活の顧問もやらせてもらって本当にしんどく。でも素晴らしい経験値になっています。

3月と4月の差が大きすぎてテンパリまくり。いかに周りに甘えていたか、すごくすごく実感し、反省し。
でも環境が変わったのは自分だけじゃないし、むしろ生徒たちのが不安に思ってるんだから、そのフォローをできる限りしていかなけばいけない。

忙しくしていれば、余計なことを考えず、さみしいと思っている時間もないな、と頑張っていたのも事実だけど。

でもそうやったことで、強くもなれた(以前よりは)と思うし、何より、生徒と過ごす時間が大切で大切で、たまらなくなっていた。

「先輩が抜けた穴を埋めよう」と必死になって、でも要領よくはできなくて悔しくて。仕事を引き継いでも、それだけじゃどうにもならない。だって相手は生徒で、毎日何かしら起きるんだから。事務的な仕事の引き継ぎなんて、なんてことないけど、生徒と向き合うとか、生徒を理解するということはなんて難しいことなんだと。まず、理解するなんておこがましいんだけどね。

でも、ほんとにすごくいろんなことを経験できた。あの子たちのおかげで。「たのしかったー!センセイ、アリガトー!」ってこんな単純な言葉に涙できる自分は本当に幸せだ。3月には初めて担当した生徒たちの卒業。それまでに、できること全部やりたいと思っている次第です。


そして、職場の先輩たちと助け合いながら楽しく仕事ができたこと。しあわせですね。しんどいことのが多いし、愚痴ばっかだけど、それでもなんだかんだやってこれるのは、お互いが厳しく、でも高めていけるからだと思います。それが結果、生徒のためになっていたら本望。とか偉そうなこと言ってるけど、わたしは教えてもらってばっかなんだけどね。
どれだけしんどくても、アンテナ高くしてくれている上司、先輩がいて、助けてもらって、でも「後輩を助けるなんて、当然のこと」として、こっちが気を遣わなくてもいいような環境にしてくれている。周りの人に恵まれているんですね。「恩を返したいなら、たくさん学んで、これからの後輩に返していけ」と。これからも学ばせていただきます。



いつもいつも仕事のことしか書いていないので、仕事しかしてなさそうですが、今年はほんとにそんな感じでした。
土曜日の夕方、部活が終わり、そこから翌週の授業の準備。そうこうしているとあっという間に外は暗く、みんなでご飯に言って愚痴っていたら日曜日。

こんな生活でも割と笑顔でいられたのは、プライベートでも支えてくれる人がいたからです。みんな仕事をしていて、休みは合わないし、ご飯に行くのだって、前々から約束していないとなかなか実現できない。当たり前と言ってしまえばそうなんですが、学生の頃を考えると会えなくなっている現実にさみしくなることもあります。

でも、久々に会って、毎回色んなことを話して、「あーたのしかった」って思えるのは本当に幸せです。
久々に会っても、やっぱり気が楽。

その中でも結婚していく友達も増え、自分にとっても「結婚」がめちゃめちゃ他人事だった頃とは違うんだなー…と実感し、24になることをジワジワと感じています。

自分の今の生活をキープしながら、相手と暮らしていく難しさ、現実を知らされ、凹み、それによって相手を巻き込み、傷つけ、反省しているところです。

相手の優しさに甘えていたことも事実。支えてもらうことばかりを望み、相手を思いやる気持ちが足りなかったようにも思います。今、自分が何をするにも心が安定しているのは根底に相手がいて、支えてくれているからこそだからね。来年はもっと相手を思いやれるように、そして自分を高めていけるよう、もっとがんばります。

この年になって、親のすごさを少しわかってきたような…。長いこと一緒に生活できて、自分のような子を育て。

必死に「笑ってはいけない」とエグザイルと山Pを見ようと、携帯のテレビとリビングのテレビを凝視しているような母ですが。



2010年もよろしくお願いいたします。素敵な一年になりますように♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久々すぎて

2009/11/15 12:18
しばらく書いていなかったな…と。久々にログインしようと思ったらIDがわからんかった(笑)。

気が付いたらもう11月も半ばですね。これから冬休みまでまたバタバタしそうなので、書けるうちに書いておこう。



行事モリモリの二学期も後はテストを残すのみとなりました。

どの行事もやっぱり三年生は超本気だし、それに巻き込まれてこっちもワーイって楽しむけど、終わった時の達成感と、切なさが半端ない。

そのためにかける時間も半端ないけど、奴らの顔を見ると「まぁいっか」ってなっちゃうんだよね。

土日もないけど(笑)。

いいんです。しんどいけど、それ以上にたのしくできるから。


部活もそう。わからんことだらけだけど、こどもたちと一緒に学んで作り上げていくことで自分の経験値が上がってる感じがする。怒ってばっかで泣かせてばっかだけども。

できるだけのことをしてやりたいと思うのと、でも色々な事情ってのでできないのと、それをわかってもらわなきゃいけないこの難しさ。

そこも一つ乗り越えたかなと。

これからもそんなことたくさんあると思うけど、ちゃんと伝えれば、ある程度は伝わるんじゃないかなと実感し始めています。


「どう伝えればいいんだろ」って悩みまくってるけど、結局のところ、素直に伝えちゃえばいいんだよね。

いかんことなんだろうけど、顧問としてじゃなく、「わたし」として話した方が伝わることもあるし。



50人以上もいる部活、いろんなことが勃発するけど、卒業する時「続けてよかった」って思ってもらいたい。


さぁ、これから何ができるかな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おねがいします。

2009/09/05 21:55
壊れていた携帯が新品になって戻ってきました。

当然、代替機のデータはmicroSDに入れて、代替機のデータは消して返しました。


おうちに帰って、データを携帯に移そうとしたところ。


代替機はSHARP、わたしの携帯はTOSHIBA。

microSDなんてどの携帯のデータも読んで他社携帯に移せるものだと思い込んでいたわたし。


できないじゃないか。


microSDのどこかには絶対データ入っているのに、携帯が読んでくれません。


つまり、また誰の携帯もわかりません。


お手数をおかけして申し訳ありませんが、もう一度だけわたしにメールをください。

できたら、わたしが知ってそうな人の携帯も教えていただけたら、とてもうれしいです。


ほんとにすいません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゴールとスタートと通過点

2009/09/03 22:39
二学期が始まりました。始まった途端に時間的余裕がない。なんでだ。

こうなるのが嫌だったから夏休み中にできることをやったのに、やっぱり子どもたちが来るとやらなきゃいけないことがモリモリ出てくるな。

計画性のなさ。詰めの甘さを感じているここ数日。現実逃避でパソコンいじってますけども。
これも文書書く練習ってことにしておこう。


夏休み、みなさんはどう過ごされましたか?

部活部活…であっという間に日々過ぎてしまい、しかも日に焼ける始末。完全にTシャツ焼けをしていてとてもかっこ悪い。

同じ日焼けでも、子どもたちが焼けてるのは「部活がんばったなぁ」って微笑ましいのに。これが年の差か!!



3年生が正式に引退をし、新しい部活がスタートを切っています。みんな頑張っています。

そう、引退。


引退最後の日、とにかくみんな笑顔で演奏しよう!ってすごく楽しい演奏ができました。

一緒に演奏してて、まぁ泣ける。指揮をしてくださった先生曰く、「前から見ててもみんなの涙が見えるから…」と。
みんなそれくらい思い入れあったんだなぁって改めて思ったりね。


保護者の方にあいさつすると涙をながしながら、こんなのに感謝してくださったり。
ほんとに頭あがらないわ。こんな顧問ですいません。って。

演奏が終わった瞬間、「センセー!めっちゃたのしかった!!ありがとう!」ってミラクルな笑顔で言ってくれて、それだけで号泣できちゃう、涙もろさ(笑)。

ほんとに、たくさんの先生方が心配するくらい、色々あった数か月。自分の無力さに悔しい思いをしてきたけど、それ以上に悔しい思いをしてきたのは子どもたちだから。

それでも「吹奏楽をやってきてよかった!」という言葉を聞けたのは、あの子たちが強くなった証拠だし、それがわたしを支えてくれてる。

大人の事情なんかに子どもたちを巻き込まないように、卒業まで共に過ごしていきたいですね。



ここ何か月、完全に自己満のブログですが、ほんとにただ、思ったことをメモっておこうくらいにしか思っていないので、おもしろくなくてすいません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ありがとう

2009/08/02 11:26
夏休みに入ったなーって思っていたら、あっという間に8月になっていました。


部活、飲み会、部活、飲み会…と同じサイクルで毎日充実しております。夏休みになった方がなぜか忙しい。

遊びすぎだな。


ふぅ。部活の大会が終わりました。冬からずっと練習してきて、4月に環境が変わり、そこからいろいろなことがあり。

毎日朝っぱらから楽器を吹き、パート内で揉め、学年内で揉め、毎日のように誰かが泣いたり、でもすぐ笑ってたり。



どうしたら、みんなが楽しく部活をできるんだろうと一生懸命考える部長

そんないっぱいいっぱいの部長をいつも笑顔で支える副部長

その二人を見て、何か力になれないだろうかと考えている子たち



そりゃ何十人もいれば揉める。し、そうやって揉めるような状況になるを止められなかった。


自分の力のなさ、この立場にどれだけうんざりしたことか。

もっとストレスのない環境で伸び伸びと練習させてあげられたら、もっといい演奏ができただろうに。

と思うと、ほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。



なのに、前日に50人弱全員にメッセージを書いたお守りを渡したら、無邪気に超喜んでるの。

こんな子たちに囲まれて仕事できるなんて、ほんとに幸せだ。


当日、舞台袖からみんなの姿を見ながら演奏を聴いたら、なぜか泣けて、運営のスタッフの人に笑われた。

今までのことがいろいろ思い出されすぎた。


なんだかんだで乗り越えてきて、みんな強くなった!あんなにいい顔して演奏してるの見たら、そりゃ泣けるさ。

「緊張したけどたのしかったー」って言いにくる子たちの頭なでてたら、「なに、泣いてんのー」って逆になでてくる子どもたち。この子たちがいたからやってこれたなって、ほんとに実感した。


「先生が舞台袖に居たのが見えて、ホッとしたら、きれいに音がでたー!」って言ってくれる子。

おまえーーーーーーーーかわいすぎるわ。



保護者の方からも「娘が部活たのしいって学校に行くんです」って言ってもらえてほんとにホッとした。


ほんとにいろいろあって、くじけそうになることも何度もあったけど、周りの先生方がいつも力になってくれて、見守ってくれて、突っ走れた。いっぱい迷惑かけたけど。



演奏を聴きにきてくれた先生が「その場にいる人を感動させる演奏だったね!」と最高の言葉をかけてくれて、またウルっときて。


「コンクールに行った先生たちは、子どもたちの応援もだけど、あなたの応援にいってくれたんだよ」っと他の人から聞き、またまた頭上がらずで。


なんて恵まれた環境にいるのかしら。すごくしんどく思うこともあるけど、そのマイナスが消されるくらいの周りの人からの支えがある。


ありがとうが伝えきれない。



から、仕事で返そう。

そして子どもたちが笑顔でいられる環境をちゃんとつくろう。







メールしながらブログ書いてたらわけわかんなくなってきたから、終わります。ばいばーい
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


受からないかん理由がある

2009/07/23 21:42
採用試験が終わりました。

昨年度に引き続き、週に何時間か、空き時間に色んな授業に参加しているのです。


お勉強をしに。



もうね、こどもたちがかわいくてかわいくて。

で、いつものように夏休み前最後にフラーっとお邪魔したんです。クラスの時間に。


そしたらみんなが並んでる。

何人かの坊主たちがメガホン持ってる。



そしていきなり「今からー○○○のー応援をしまーす」!と応援団が結成されていました。


で、応援をしてくれたあとに、色紙をもらいました。

「絶対合格しろよ!」
「合格したって自慢しながら給食一緒に食べようぜ!」
「先生になって戻ってきてね」
「ちゃんと吹奏楽の顧問でいてね」


と、40人分のコメントがあり。


泣くよねー。サプライズはいかん。

まじでやられた。


タカラモノです。写メって待受けにしています。



っていう自己満の日記。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あったりまえでしょー!!

2009/07/11 22:37
画像



特にこの花に意味はないです。春の時の花壇だし。


わたしの仕事の一つ。花壇の世話。面倒なんです。でも咲くとうれしいんだよねー。

今は新たな種を苗まで育てて、その苗を花壇に植えています
生徒は「虫いやー」「めんどいー」と言いながらも暑い中ニコニコ植えてくれて、とても癒しの時間です。あー幸せ。


何日か前、「センセー、見てみて!」とわたしのところに走ってくる子が。

「なーにー?」と聞くと、彼女の手にはちっちゃくてボロっちい植木鉢。見ると草みたいな二葉がピコっとね。


「この前種植えた時に手にくっついてたから、その辺のいらなそうな植木鉢と土もらって植えてみたんだー♪」


って超うれしそうな顔で。もう…かわいいなぁ。

こんなことで俄然花壇の作業に力の入る、単純なやつです。



まぁそんなこんなでもう一学期も残り一週間になりました。うん。

アホか。ってくらい、時間がカツカツ。でも毎日学ばされることばかりで、とても充実しています。


二年目、昨年度から引き継いだことは量が少なくても、質が重い。女子だらけの部活は毎日何かが起こる。
そして、100パーセントの力を出せる環境をつくってやれない自分に腹が立ってしょうがない。

賞がとりたいわけじゃない、いい顔して演奏してほしいのに、そういう環境にしてやれない。

大人の機嫌をとるのに、子どもが疲れる環境ってなんなんだ。そんな状況をわかっているのに、子どもの愚痴を聞くことしかできず、その人のことをとめられない自分がくやしい。保護者からの相談ですら、自分の中で留めておくしかない。


そんなことをつい夜遅くの職員室でこぼしてしまいました。


「お姉ちゃんいなくなって、子どもたちが全部あなたに頼って、よーくがんばってんなぁ。自然な感じにこっちも動いてみるから、絶対負けるナ!」


ってオトウサン先生がポンと頭をなでてくれた瞬間、泣けました。


いつもいつも助けてくれる主任も、ほんとに支えてくれて
「わたしが愚痴聞くことはあったりまえのことだからね」と。



いくらしんどくっても、こういう支えがあって、マイナス以上のプラスになってるからやってけるんだよなぁ。




がんばる。


負けん!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


つまる人

2009/06/28 23:17
ここ最近は本当にアホみたいに忙しくって土日もありません。

優先順位をつけられない自分が悪いんですけどね。



そんな中、職場の飲み会があったんです。

で、とてもとても先輩なオトウサン先生に「つまらん教員にはなるなよ」と言われました。


「あんたたちは見た目全く先生には見えないから大丈夫だけど(笑)、見るからに「教師」って感じにはなるなよー」


と。


仕事に一生懸命なのはいい。

ただ、「「子どものためにこれだけやって(あげて)いるんだ」という犠牲心でいっぱいになるのは、結局子供のためにはならん」とね。


働いていると「自分はこんなにもやっているのに!」という声が聞こえたりすることもなくないのです。


その愚痴を聞くのがうっとーしくて。つい、飲みの席で「たまらんです」という愚痴をこぼしてしまったんです。


そして返ってきたのがコレだったの。


自分の好きなことをしていた方が魅力あって、子どもにとってもいいってさ。


考えた。


自分のやりたいことって何なのか。


仕事はたのしくてしょうがない。忙しくて泣きそうなこともあるけど、子どもと居られる時間は、ほんとに大事。


これがやりたいことと言えば、そうなんだけど…。


やりたいこと…部活…。あぁ。仕事じゃん。



仕事以外にないのよね。



まさにつまらん人間じゃないか。


つまる人間になろう。


これからいろんなこと挑戦してやろ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジメーリ

2009/06/21 22:06
蒸し暑い日が続きますね。


期末テストが近付いてきております。これからハイパー忙しくなる。

うへぇ。


息抜きしつつ…とか思ってるけど、忙しくしてないとダメなんだよなぁ。余計なことばっか考えちゃって。


で、バッティングセンターばっか行ってます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おかえりー

2009/06/13 20:22
最近、林間学校がありました。

3日間、ほとんど寝てなかったせいか、帰ってから10時間以上爆睡していました。


ほんとに全く電波が入らず、帰りのバスの中で電波が入った瞬間に10件くらいメールが一気に来てうれしかったです(笑)。


ふぅ。ほんとにつかれた。超ハード。 ミラクルハード。


ただ、教室じゃ見られない顔が見れてほんとによかった!疲れが吹き飛ぶことはないけど(笑)、心の曇りは晴れました。


一生懸命慣れない手つきでじゃがいもの皮を剥いたり、お茶の沸かし方がわかんなかったり。

ラジオ体操なんて絶対やらなそうな子が意外にしっかりやってたり。

なかなか班に馴染めない子に対して、あったかく迎え入れる準備をしてたり。

何度も何度も話し合いをして、練習をして、作り上げたキャンプファイヤーで泣けたり。

学校で掃除なんてしたことない子が最後までトイレをピカピカに磨いたり、施設の人に「オハヨーゴザイマス」とか言ってみたり。


色んな場面で色んな顔が見れて、ほんとによかった。


思わずブチ切れて、ものを投げつけてしまったこともあったけど(反省)、その後の行動に安心しつつ、気持ちが伝わったことを感じることができて嬉しかったり。


とにかく泣けました(笑)。


ただ、バスガイドさんに「生徒さんだよね?」と言われたところを、ばっちり生徒に見られて、ひたすらいじられたけど。くそう。


3日間で撮った写真の枚数、1000枚を超えました。今処理していますが大変です、。でもすごく楽しい仕事です。
だってすごくいい顔してるんだもの。


そして、学校に帰ったところで部活に行くと、3年生が「先生、おかえり〜!」と抱きついてくる。


この時期、暑苦しいけど、かわいくてしかたないんだなぁ。これが。


「おかえり」の一言でこんなにも癒されるなんて、幸せだなぁと。




わたしも「おかえり」って言って癒してあげられるような存在にならないとな、と。





なんてね。


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダイジナノハ。

2009/05/17 23:19
今年度が始まって1ヶ月半。今まで頼ってきた先輩がいなくなって、引き継いだことをがむしゃらにやってきたつもり。なんだかんだで軌道にのってきたし。生徒たちは毎日何かしらあるけど、それでも楽しそうにやっている。

彼女たちの顔を見ているとがんばろうって思える。
休憩時間に遊んでる顔、叱られてシュンとしている顔、その後フォローするとめちゃめちゃ安心する顔。真剣に演奏する顔。
ほんとにいろんな表情を見せてくれる。

彼女たちがいるからここまでやってこれたし、大好きだ。引退が寂しくてしょうがない。
だけど、引退までできるだけの力にはなりたい。できることなんてほんとに少ないけど。


彼女たちと過ごす時間が、どれだけ私にとって大きいものか。


自分がやりたくてやっていること。自分にとって大切な場所だから、守りたい。

自分の身しか守らない人間にはならないいもん。



凹んだ時に夜中に話を聞いてくれる先輩がいて、「○○はどうしたい?」って気持ちをきいてくれることがこんなに救われるなんて思いもしなかった。

まずは生徒たちの気持ち第一に動く。そのために自分には何ができるか。
いろんなしがらみに惑わされて大切なことを見失わないように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

カタツムリ08/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる